でんすけ - 掲載紙情報 > デジエンタDVD

でんすけ >掲載紙情報 > デジエンタDVD


掲載紙情報 - デジエンタDVD -

掲載紙情報TOP
ビデオSALON
朝日新聞
朝日タウンボイス
遊ぶインターネット
Quant
週刊現代
週刊現代2
週刊女性
デジエンタDVD
DIME
Duda
TV朝日 スーパーJチャンネル
日刊ゲンダイ
TOKYO1週間
日経情報ストラテジー
日経TRENDY
日本テレビ ニュースプラス1
ホームシアター
HomePC+Net
まっぷる情報版

デジエンタDVD掲載号表紙

掲載媒体:デジエンタDVD

発行会社:BNNムック
媒体概要:
DVDソフトを中心に、高級オーディオ、映像機器を詳しく紹介するデジタルエンタテイメント総合情報誌。
デジエンタDVD掲載号紙面1デジエンタDVD掲載号紙面2










弊社が開発する高輝度スクリーン「DacioTron」を紹介頂きました。


記事内容

DAICOTORON 反射型高輝度スクリーンの実力

 高輝度スクリーン、またはハイゲイン・スクリーンと呼ばれているものは、通常のスクリーンと比べて輝度が高く、室内が完全な暗室状態になっていなくても明るさを保つことを目的に作られている。実はかなり以前からあったのだが、正直言って今まで良い印象を得た商品にめぐりあったことはなかった。表面に反射率を向上させるための特殊加工をおこなうのであるが、そのせいで輝度が上がっても表示面がぎらぎらした不自然な感じになり、自然な発色ができずメタリックな色になってしまうことが多かった。正直これなら部屋を完全な暗室にして通常のスクリーンを使った方が良いと思ったものだ。しかし、今回、ダイコー電機より発売された「DAICOTORON 高輝度スクリーン」(以下DAICOTORON)は発色とコントラストに自然さがあり、ぎらぎら感がなく、部屋の明かりをつけてもかなりのレベルで輝度が保たれることに驚いた。


通常のスクリーンの18倍の輝度を達成。色合いも自然で美しい。

 スペック表によるとDAICOTORONは、18ゲインの輝度があり、これは一般のロール型スクリーンなどと比べて18倍の明るさを達成している数値である。従来の高輝度スクリーンでは13ゲイン強ぐらいが最高であったので、それをもはるかにしのぐ数値となっている。スクリーンの性能は明るさだけでなく画像全体の均一性やコントラストがどうでるかも問われる。それについては、実際の試聴で確認した。
 今回テストしたのは、画面サイズ222×162cmの4:3用スクリーン。これを一般のロールタイプの暗室用スクリーンと比較してみた。ソフトは、日本ビクターより発売されているアクションもののDVDソフト「絶対×絶命」を選んだ。プロジェクターには、すみずみまで均一な明るさを得ることができるビクターの小型プロジェクター、D−ILAマルチメディアプロジェクターを使用した。

 まず、暗室状態で2つのスクリーンを並べて比較してみても、あきらかに輝度が違う。通常
の暗室用スクリーンでは、色の深みはでているが鮮明度とコントラストは低い。逆にモーカムスクリーンでは、爆発シーンなどの炎が鮮明に見え、車での逃走シーンなどは、照りつける太陽の下の暑さが伝わるほどのリアルな描写力を持っている。徐々に室内を明るくしていくとその差はさらに歴然となる。通常のスクリーンでは中心と周囲の映像が不均一になっていき、鮮明度が失われ、コントラストもなくなっていく。一方、DAICOTORONは、ある程度明るくしても明度が保たれ、全体に映像も均一性を保ち、コントラストもめりはりを失わない。
通常の生活をするレベルまで部屋を明るくしても鮮明な映像が保たれるため、ホームシアターだけでなく、会議のプレゼンテーション用やゲームセンターのモニタースクリーンとしても使用されているというが、なるほどこれは明るいところでも充分に実用的なものと言える。まるで大型の液晶ディスプレイを見ているようである。視野角も広い。暗室でなら左右視野角はおおよそ100度、上下視野角は60度ぐらいある。従来の高輝度スクリーンの欠点であった視野角の狭さもクリアしているわけである。横から見るとお椀型をしているがこれは映像全体の均一性を保ち焦点の合った鮮明な映像を生み出すのに役立っているのであろう。


真っ白な色と深い赤色を鮮明に移す高解像度スクリーン。


 このようにDAICOTORONの魅力は数多いが、特筆すべきは輝度の高さだけでなく、
色合いの表現が自然で解像度が非常に高く美しい映像を映し出すということであろう。白色などは、特にスクリーンの良し悪しがでるといわれているが、字幕の文字など他の色がにじまない真っ白な色で見ることができる。車のボディや花などの赤色も深みがあって美しい。人間の肌のきめなどは生々しく、戦闘シーンでは銃器の重厚感がリアルだし、ヘリコプターの機体の素材感まではっきり見える。いいことばかり言うようだが、実際もしこのスクリーンの弱点を指摘するならば収納性ぐらいであろう。そんな瑣末なことよりもホームシアター愛好家ならばこの高輝度スクリーンの真の実力を評価するに違いない。
 多くの人が、DAICOTORON高輝度スクリーンを体験することをお勧めしたい。ダイコー電機では、ホームシアター展示ルームにおいて高輝度スクリーンのデモンストレーションを公開している。詳しい情報はホームページもチェックして欲しい。

主な仕様
 形態:AL CONCAV形(精密球面)
 表面:アルミ(保護膜形成)
 輝度:18GAIN
 視野角:水平100度(60度)、垂直60度(30度)
     ※カッコ内は通常の明るさで使用した場合の数値
 解像度:900万ピクセル以上

デジエンタDVD掲載ページ1
デジエンタDVD掲載ページ2

記載の情報は、メディア掲載時点の内容となります。商品の製造終了やサービスの終了等、現在はお取り扱いがない場合がございます。

サイトに未掲載の商品でも、お電話(03-3708-1411)、フォームよりお問合せ下さい。 スタッフがお調べ致します。

でんすけ
株式会社ダイコー電機企業ロゴ
でんすけは、株式会社ダイコー電機が運営する、通販、買い取り、プロジェクターレンタル等を行うサイトです。