• ご質問はお気軽にお電話下さい
  • 受付時間:10:00〜18:30(土日祝除く)
でんすけレンタルへのお問合せ先

只今営業時間外です

本日休業日 お申し込みの対応は5/29以降になります

どうやってレンタルするの? お問い合わせ

お申し込み

仮予約

お手続き

ご本人確認

お手続き

料金先払い

開始日当日

お届け

終了日当日

ご返送


レンタルプロジェクターの選び方

明るさ(輝度)
プロジェクター選びの最も重要なポイントは明るさです

明るさはlm(ルーメン)という単位で表され、値の大きなもの程、明るい環境でも見やすくなりますので、より明るい機種を選択する事で、あらゆる場所での利用が可能となります。

高輝度プロジェクターの利用イメージ 30人程度での投影イメージ パソコンでのプレゼンテーションイメージ
明るさ4000lm〜 レンタルプロジェクター4000lm以上

100人以上の大会議室、ホール、ホテルの宴会場等に最適。200インチ以上の大画面も余裕です。

明るさ3000lm〜 レンタルプロジェクター3000lm〜

〜100人前後の会議室、ホール等で利用。それ以下でも、より明るさを求める場合はこのクラスを。

明るさ2000lm〜 レンタルプロジェクター2000lm〜

〜30人前後の会議室、飲食店等での利用に最適。80インチ(横1.6m)程度迄なら余裕で対応。

投影画面サイズと投影距離
プロジェクターと投影面までの距離

プロジェクターは、殆どの機種で40〜300インチ(6.1m×4.6m)迄の投影に対応し、投影面までの距離で投影インチ数が変化します。

投影面から近い程、画面が小さくなりますが、短焦点レンズ搭載機では、同じ距離からでも大画面を投影できます。

投影距離による画面サイズは、明るさとは比例しません。

より短い距離で大画面を実現したい場合や、投影面の幅による必要距離は、レンタル商品ページ内の投影距離欄をご覧下さい。

見やすさ(解像度)
レンタルプロジェクターの選び方:解像度

プロジェクターは、大画面を投影する投影機です。パソコンと同様に、解像度が高ければ高いほど、画面がきめ細かになり、見やすくなります。

レンタルプロジェクタの「投影時」の解像度は、機種別に異なり、
SVGA(800×600ピクセル 画面比4:3)
XGA(1024×768ピクセル 画面比4:3)
WXGA(1280×800ピクセル 画面比16:10)
のいずれかとなります。(現在の主流はXGAです)

プロジェクターへの「入力信号」はVGA 〜 UXGA(1600×1200)迄対応しており、 解像度が異なる場合でも、自動変換されますので投影に問題はございませんが、DVDや映像データ、ワイドノートPCなど、入力信号の画面比が「横長」の場合は、XGA(4:3)の機種よりWXGA(16:10)の機種の方が、より自然な映像を投影できます。

接続機器とプロジェクターの距離
レンタルプロジェクターとD-sub15ピンの接続イメージ

レンタルプロジェクタには、パソコンと接続する為のD-sub15ピンケーブルが付属しています。
付属のケーブルの長さは約1.5mとなっておりますので、この範囲内であれば、問題ありません。

これ以上離す必要がある場合は、長いケーブルを用いる方法がございますが、ノートPCの出力が低い場合、信号減衰により映像データが届かない場合がございますので、弊社では推奨しておりません。

解決方法として、レンタルプロジェクターの機能に、「USBケーブル接続」や、「無線LAN」など、ワイヤレスプレゼン機能を備えたものや、「USBメモリ」に保存したデータを投影する機能があるものがございますので、ご検討下さい。

軽さ(携帯性/重量)
軽量タイプのプロジェクターならキャリングケース付き

貸し出し機材の配送先と利用場所が異なる場合は、持ち運びの際の携帯性も考慮しましょう。

軽量タイプでは、1.7kg前後とノートパソコン同等の軽さで、キャリングケースが付属する商品もあり、USBストレージ機能を搭載の機種で対応データの利用であれば、パソコンが無くてもデータの投影が可能です。

但し、明るさが高い程、重量が重くなる訳ではなく、3000lmの高輝度モデルでも1.7kgの機種もあれば、2000lmでも3kgを越える機種も存在します。これは、それぞれの機種の特徴(高輝度、短焦点、豊富な入力端子)を反映したものですので、実際に利用する機能と重量、予算のバランスで選択下さい。

利用場所の明るさ
大画面への投影 調光環境での投影 暗い場所での投影

プロジェクターは、投影面までの経路と、反射し人間の目に届く迄の間に、外光による減衰が発生します。
利用の際、室外光のカーテン等による遮光や、室内の照明の調節ができない場合、本来の明るさが発揮できません。

このような場合においては、1ランク上の機種を選択したり、ホワイトボードや壁面への投影をせず、スクリーンを利用する事で、光の減衰があっても明るさを保つ事ができます。

スクリーンの有無
布地への投影 美術品への投影 ホワイトボードへの投影

スクリーンは、プロジェクターの光を人間の目線の高さに対して反射させる様に生地に加工が施されています。 その為、プロジェクターの明るさを落とさず、鮮やかな映像を実現できます。

しかし、会場の環境、予算、利用用途等、様々な要因により、ホワイトボードや、壁面等の、スクリーン以外へ投影せざるを得ない場合がございます。

ホワイトボードや壁面の場合、光が全角度に分散反射するほか、若干の凹凸が画像を見難くし、プロジェクターの本来の明るさが減衰する要因となります。
このような場合においては、プロジェクターの明るさを1ランク上げる事で、光の減衰があっても、明るさを保つ事ができます。

プロジェクターの選び方メニュー

TOP


プロジェクターレンタル
株式会社ダイコー電機企業ロゴ

記載の貸出価格は、2017年5月30日時点のものです。週末や月末などは、お早目の予約をお薦め致します。

当社サイト上に記載されております料金は全て税抜金額となっております。
でんすけレンタルへのお問い合わせでんすけレンタルは、株式会社ダイコー電機が運営する、プロジェクターやスクリーンなどのレンタルサイトです。

当サイトはW3C(World Wide Web Consortium)の定めるHTML規格に準拠して作成されています。Valid HTML 4.01 Transitional