03-3708-8611

ホームシアターセットのご紹介

ホームシアターセットレンタル

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、外出を自粛される方が増えています。

「でんすけレンタル」では主力商品であるプロジェクターを通して感染拡大防止に貢献したいと考え、「ホームシアターセット」のレンタルを始めました。詳しくご紹介していきます。

そもそも「ホームシアター」とは?

ホームシアター(Home Theater)とは、家庭に大画面のスクリーンやモニター・スピーカーなどを設置して、まるで小型の映画館のようにすることです。かつては専門業者による大規模な工事が必要だったこともあり、導入するのは一部の限られた家庭のみでした。しかし一般家庭でも大画面のテレビやモニターが購入できるようになったことや、DVD/Blu-rayが普及したことにより、徐々に一般に浸透してきました。

「ホームシアターセット」の内容

プロジェクター

ホームシアターに欠かせないプロジェクターは、「でんすけレンタル」でトップクラスの人気を誇る、EPSONEB-536WTです。

EB-536WT
ポイント①ビジネスプロジェクターならではの明るさ
3600lmという明るさを誇り、部屋を真っ暗にしなくてもいいという利点があります。最近では家庭用のプロジェクターでも多くのバリエーションがありますが、明るさが低く、画面を大きくすると薄くて見づらい映像になってしまうケースもあります。
ポイント②スペースに縛られない短焦点モデル
通常のレンズよりも狭い距離で投影できる短焦点レンズモデルのプロジェクターなので、狭い部屋でも大画面で投影できます。約1mあれば100インチ(215×135cm)の大画面に!
ポイント③高い解像度とコントラスト比
映画やライブ映像を観るときに気になるのが画質。EB-536WTWXGAの解像度と、16000 : 1という高いコントラスト比を実現します。これにより色鮮やかで綺麗な映像を観ることができます。

スピーカー

プロジェクターにもスピーカーは内蔵されているので音は聴けますが、やはり映画やライブ映像を楽しむなら音にもこだわりたいところ。

そこでELECOMMS-131BKをセットにしました。

MS-131BK
ポイント①重低音に特化した迫力あるサウンド
重低音の音域をサポートするサブウーファが付いており、最大出力25W迫力の音圧を実現します。本体が3つに分かれているので、向きの調整も自由です。
ポイント②ケーブルで繋ぐだけの簡単接続
Bluetoothを利用して無線で接続できるスピーカーもレンタルしているのですが、後述のChromecastと併用しようとするとかなり手間がかかってしまうので、簡単に接続できる機種を選びました。
ポイント③イヤホンやヘッドフォンでも聴ける
アパートの部屋でスピーカーを使うと、近隣の部屋に迷惑がかかるのでは、と不安になるのではないでしょうか。このスピーカーはイヤホンジャック搭載なので、映像をプロジェクターで投影しながら音声はイヤホン・ヘッドフォンで聴く、ということができます。

※イヤホン・ヘッドフォンはセットに含まれておりません。

ストリーミング端末

通常スマートフォンとプロジェクターを接続するには、専用の変換アダプタを使って、HDMIケーブルで繋ぐ必要があります。

しかしGoogleChromecastなら、簡単に無線で接続できます。

Chromecast
ポイント①端子に挿して簡単に無線接続
プロジェクターのHDMI端子に本体を挿して、スマートフォンでアプリ「Google Home」をインストール、そのまま案内に従えば簡単に接続できます(Wi-fi環境が必要です)。
ポイント②投影しながらスマートフォンの操作ができる
例えばスマートフォンで再生しているYouTubeの動画をプロジェクターから投影している最中に、そのスマートフォンで別のアプリを開いて操作できるのも嬉しい点です。
ポイント③ミラーリング機能で広がる可能性
スマートフォンで表示されている画面をそのままプロジェクターから投影できる、「ミラーリング機能」があります。動画に限らず、ブラウザやアプリの画面をそのまま投影できるので、使い道が広がります。

「ホームシアターセット」には、上記の商品のそれぞれの付属品も全て含まれます(電源ケーブルやリモコン・取扱説明書など)。

ホームシアターセットのレンタルはこちらから

使い方

「ホームシアターセット」が届いたら、まず付属品に欠品がないかご確認ください。

STEP1 プロジェクターをセッティングする

こちらがEB-536WT

こちらがEB-536WT

電源コードでコンセントに繋げます

電源コードでコンセントに繋げます

レンズにカバーが付いているので忘れずに外しましょう

レンズにカバーが付いているので忘れずに外しましょう

電源ボタンを押したら完了です

電源ボタンを押したら完了です

STEP2 Chromecastを接続する

HDMI端子にChromecastを挿します

HDMI端子にChromecastを挿します

Chromecastを付属のケーブルとアダプタでコンセントに繋げます

Chromecastを付属のケーブルとアダプタでコンセントに繋げます

Google Homeの設定をする

アプリ「Google Home」はこちらからインストールできます。

iOSこちら

Androidこちら

Googleアカウントがない場合は新規作成します

Googleアカウントがない場合は新規作成します

家の作成をします

家の作成をします

位置情報の使用を許可します

位置情報の使用を許可します

Wi-fiはオンにしてください

Wi-fiはオンにしてください

コードを確認します

コードを確認します

「デバイスを使う場所」は適当でも大丈夫です

「デバイスを使う場所」は適当でも大丈夫です

お疲れ様でした

お疲れ様でした

STEP3 スピーカーを接続する

接続ができたら、視聴したい動画アプリのキャストのアイコンをタップして、Chromecastを選択します

接続ができたら、視聴したい動画アプリのキャストのアイコンをタップして、Chromecastを選択します

この状態で動画を再生すると音声はプロジェクター本体から流れます

この状態で動画を再生すると音声はプロジェクター本体から流れます

プロジェクターとスピーカーを付属のケーブルで接続します

プロジェクターとスピーカーを付属のケーブルで接続します

投影画面や音量の調節をして、セットアップは完了です。なおChromecastはご返却後に初期化しますので、お客様の個人情報が他のお客様に見られることはありません。

単品でレンタルしたい場合

「ホームシアターセット」の商品は全て、単品でもレンタルが可能です。

EB-536WT

短焦点モデルプロジェクターEB-536WTレンタル

「でんすけレンタル」の中でもトップレベルの人気を誇るのが、EPSONEB-536WTです。

明るさ3400lm、解像度は3つのWXGAと、基本的なスペックは申し分ありません。

この機種の最大の特長は何といっても「電子黒板機能」です。付属のペンで投影面にタッチすると、文字を書いたり線を引いたりできます。授業の黒板代わりに使えるのはもちろん、会議やプレゼンで投影した資料に書き込みができるので、一歩進んだビジネスシーンを実現します。

もちろん短焦点モデルなので、スペースが取れなくても設置場所に困りません。「でんすけレンタル」が自信をもってオススメするプロジェクターです。

レンタルする 購入する

※在庫状況によってはご希望の機種をご用意できない場合がございますので予めご了承ください。

MS-131BK

スピーカーMS-131BKレンタル

最大出力25Wに加え、重低音に特化したサブウーファ付きのスピーカーです。

重量感と安定感がある木製エンクロージャーは、スピーカユニットの共振が少なく、低域から高域までの豊かな音色を再現します。

レンタルする

※在庫状況によってはご希望の機種をご用意できない場合がございますので予めご了承ください。

Chromecast

Chromecastレンタル

大人気のストリーミング端末。HDMI端子に挿して使うので、プロジェクターに限らずテレビやモニターにも映像を映せます。

最近ではYouTubeにアーティストのライブ映像が公式に公開されていることが増えてきました。プロジェクターの大画面と高輝度・高画質で、まるで映画館で観ているかのような迫力ある映像を楽しみましょう!

レンタルする

※在庫状況によってはご希望の機種をご用意できない場合がございますので予めご了承ください。

GoogleおよびChromecastYouTubeGoogle LCCの商標です。

まとめ

家で過ごす時間を少しでも楽しく、充実したものにしていただきたいという想いから、「ホームシアターセット」を企画致しました。

「でんすけレンタル」ではこれからも、外出を自粛されている方たちを応援するためのコンテンツを提供して参ります。

ご家族でホームシアターを楽しまれる際は、「3密」に気を付けましょう。

ホームシアターセットのレンタルはこちらから 問い合わせる